ニキビ跡で悩んでいる方必見|治療で肌の悩みを解決する方法あります

失った乳房を取り戻す

バスト

再建方法いろいろ

乳がんなどの病気によって、乳房を失ってしまうことがあります。命は助かったとしても、傷跡や胸のふくらみを失ったことの喪失感は、女性にとってつらいものです。乳房再建術は、手術で失ったり、変形した乳房を新しく作り直す手術です。乳腺外科医の乳がん手術の後、形成外科医によって乳房再建は行われます。手術のタイミングや方法はいろいろあります。乳がん手術と同時に行うことができる一時再建、乳がん手術後に期間をおいてから行う二次再建、また胸のふくらみを作る方法としても本人の自己組織を使用する方法と、インプラントによる乳房再建があります。インプラントもシリコンなどの人工乳房や皮膚拡張器を使うもの、種類があります。最近では再建技術も向上し、治療が保険適用になったことから、今後も利用者は増えていくでしょう。

再建するメリットは

乳房再建を行うメリットとしては、女性としての自信を取り戻せることです。乳房を失うことにあまり抵抗がなかった人でも、左右のバランスが悪くなることで起こる体調不良や、胸パットを使用することの手間など不自由さを感じるということはよくあります。また、乳房を失うことへの喪失感を感じている人にとって、乳房を再建できるという希望は、つらい手術や治療に向かう勇気になることが考えられます。特に一次再建では、乳房の喪失感が少なく、身体的負担や費用面でも負担が少ない、またその手術方法ができる医療機関も増えたことから注目されています。一人一人の病状によって、勧められる方法は異なりますが、保険適用とされる手術方法が増えた現在、乳房再建を希望する人は増加しています。